omochaya_man

学生時代に大手のトイショップでアルバイトをしました。

子供向けのミニカー、水鉄砲、お人形、プラモデル、大人向けの鉄道模型まで全て扱いがあり、年代を問わずに利用ができる大型の店舗です。

おもちゃ屋さんのアルバイトの仕事内容

アルバイトをするに至っての仕事内容ですが、それぞれに役割分担が分かれており、仕事に応じた内容を覚えなければいけないので、初めは研修を受ける事になります。

まずフロアー面積が大きいので、どこにどの製品が置かれているのかを覚えておかなければなりません。

お客様の要望に的確に答えなければなりませんし、商品の前まで案内する事もありますので、位置配置を覚える事が重要になります。

在庫係との連携は重要

また、在庫係との連携も凄く大事な事で、商品が売れてしまって棚にない場合、在庫まで確認を見に行き、ある場合は直ぐ棚に補充をしなければなりません。

在庫切れになっている場合は、速やかに売り切れと言う表示を掲げ、お客様に在庫の有無をお知らせする事も重要です。

また、お客さまは目的を持ってお店に来店をされるわけですから、希望の商品を探す為に、私たち店員に色々聞いてこられる事が多いです。

その時に何も知らなく、お客様の質問に答えられないようでは店員としては失格です。

商品に対する知識を、ある程度は持っていないといけませんし、最低でもお客様以上の知識を備えていないと、お客様を失望させてしまいます。

商品知識の勉強

信頼度の落ちるお店では客足も遠のくので、事前に商品に対する知識を勉強します。

箱に書いている説明書きも事前に目を通しますし、業務用に配布をされた商品特徴も事前に頭に入れて速やかな対等を心がけるようにしています。

お客様とのコミュニケーション

また、お客様との対話の中で商品を買っていただくことも多いので、ある程度の会話の技術が必要になってきます。

お客様とコミュニケーションを図りながら商品の特徴も使えますし、遊び方も教え、対応年齢、何人で遊べるかと言う事も伝えなくてはなりません。

商品を売る前に自分を売る事で、この店員さんでしたら感じも良いので買ってあげよう、と思っていただける事も凄く大事な事です。

アルバイトの面接の時でも言われましたが、口下手では仕事ができないし、人が嫌いでは仕事として成り立たないので、その辺は働くに至ってとても重要な事だと思います。

クリスマスシーズンは忙しい

あと、年中忙しく土日になりますと、朝から子供連れのお客様が来店をして、お店としても大賑わいになるのですが、その中でも特に忙しくなるのがクリスマスの日です。

子供へのプレゼントもありますし、大人向けのオブジェ系のインテリアもありますので、来店客が一気に増え、一年を通しても一番忙しい日になります。

年齢を問わず祝う日になりますので、お店としても活気があり、従業員一同も特別な日に思います。

働いていて良かった事ですが、お子様の来店が多く、家族連れで来られる方も多いのですが、念願のおもちゃを買ってもらった時の子供の笑顔がなんとも言えないくらい微笑ましくて、こちらまで楽しい雰囲気になります。

私の子供の頃を思い出しましたし、同じように手を引っ張り売り場を駆け巡った事をとても懐かしく思います。

おもちゃ屋さんのアルバイトで辛いこと

働いていて楽しい事もありますが、反対に辛かった事ももちろんあります。

クリスマスもそうですが、新春大売出しの時にはセールのために店内を改装することが多く、年末から商品の位置を移動したり、ポスター等も手書きで製作をして、どこに張るか等を店長と相談しながら決めて行きました。

お正月は開店準備に時間を取られお休みはありませんでした。

やりがいのある充実感のある仕事

ですが、来店されるお客様の笑顔を見ていますと、時間を掛けた分だけ楽しんで頂けていると思いますし、仕事の充実感がありました。

働いていて感じた事ですが、玩具と言う夢を売る商品であり、年代を問わずに皆さんに楽しんでもらえますし、それと同時に思い出も売る事ができる仕事に就けて良かったと思います。