kaitenzushi-hole

私は、高校生の時に、回転寿司屋でアルバイトをしていました。

担当はホールです。

回転寿司のホール・レジのアルバイトの仕事内容

回転寿司屋でのホールの仕事は、お客様の案内や、食器の片づけ、お会計、レジ作業です。

お客様の案内には、電子パネルを使います。

ゲームみたいに色が変わるので、面白かったです。

このパネルは、調理をする人が、どれぐらいお寿司を流すか決めるために使うそうなので、人数や席の場所を忘れずに入力するようにと指示を受けていました。

お会計の計算

お会計は、お皿を1枚ずつ数えないといけないので、慣れるまでは難しかったです。

サラダや、デザート、うどんや味噌汁等、お皿のサイズや色ごとに値段が決まっているので、それを覚える作業が必要です。

普段から人気のある商品は分かるのですが、たまにしか売れない商品は、確認しながらお会計していました。

お酒の種類が多いので覚えるまで苦労した

お酒の種類は、区別するのに時間がかかりました。

また、生ビールの場合には、自分でサーバーから注がないといけません。

泡がすぐに無くなってしまうので、長続きする泡を作るために、繰り返し練習しました。

何度もやっていると、だんだん上手く注げるようになってきて、嬉しかったです。

自分が飲むわけじゃありませんが、大人の仲間入りをしたような気分になれました。

レジ打ち

レジの作業は、他のアルバイトと変わらないと思いますが、大量のお金を扱うのは初めてで、緊張しました。

自分がレジをする時間が終わると、過不足が無いか、計算する仕組みでした。

回転寿司のホール・レジのアルバイトで大変だったこと

辛かったのは、長時間立ちっぱなしなので、慣れるまで、足が痛かったことです。

先輩に教えてもらって、足が疲れにくい靴を購入したら、だいぶ楽になりました。

お風呂で足をマッサージしたり、ストレッチしたり、筋肉を柔らかくするように工夫しました。

回転寿司のホール・レジのアルバイトで良かったこと・メリット

やって良かったと思うのは、友達が増えたことです。

学校以外では、なかなか新しい友達ができないので、新鮮で嬉しかったです。
 

アルバイトの人数が多いので、同年代で気の合う友達を作るのも簡単でした。

学校の友達には相談しにくいことも相談できたので、学校の友達と気まずくなった時にも、助けられました。
 

学校とは異なり、高校1年生というくくりではなく、高校生グループとしてまとめられていたので、同い年ではない人とも、気軽に話すことができ、受験や定期試験等、相談できる先輩がいて、心強かったです。

大学生の先輩方は、高校生を妹や弟のように可愛がってくれる雰囲気だったので、居心地が良かったです。

学生バイト皆でカラオケに行くイベントもありました。
 

また、やっぱり、お金を貰うのは嬉しかったです。

自分のお小遣いの何倍もの金額が貰えるので、それを楽しみに頑張っていました。

アルバイトでお金を貯めて、友達と泊りがけの旅行に行ったり、母の日や父の日にプレゼントしたり、自由に使えるお金が増えたのは、良かったです。
 

接客のアルバイトをすることで、敬語も上手くなりました。

大学の受験では、面接があり、それに向けた敬語の練習にもなりました。

マニュアルがあり、分かりやすく、この言い方の何がダメなのかがメモされており、勉強になりました。
 

お客様の中には酔っぱらっている人や、混雑でイライラしている人もいました。

困ったときには、大学生のスタッフさんや、社員のかたが助けてくれて、その対応も勉強になりました。
 

お寿司屋さんは、生ものを扱うので、衛生管理を徹底されていました。

自宅で料理をする時にも、食中毒に気を使うようになりました。
 

私が勤務していた回転寿司は、まかないが無かったので、美味しいお寿司を見ていると、おなかがすいて大変でした。

たまに仕事が終わってから、バイト仲間と回転寿司を食べることもありました。

毎日食べられるわけではないですが、以前より回数が多くなり、嬉しかったです。