home-center-reji

私が某ホームセンターのレジ担当をしていた際の主な仕事内容は、まず開店前にドロワー(レジの中身)のお金を用意してセットすること、そしてレジ袋などの備品を準備することから始まりました。

開店してからは、すぐに混みだすわけではないのでレジ周りの商品のメンテナンスをしたり、床の掃き掃除などをしていました。

日中お客様が増えだすと、レジは急激に忙しくなります。

私がいたお店のレジはほぼ全自動だったので、使い方は慣れてしまえば難しくはないのですが、

始めのうちは現金ではなくクレジットカードやICカード、商品券などでお支払いになるお客様の対応方法を覚えるのに苦労しました。

ただ、毎日多くのレジ対応をこなしていくうちに技術的な面はマスターし、ほぼ問題なく流れ作業的にテキパキとできるようになりました。

ホームセンターのレジのアルバイトで大変だったこと、デメリット

レジのアルバイトは単純作業なので仕事内容的に特別辛いと感じたことはなかったのです。

しいて言えばレジの場所がお店の出入り口付近で、一年中ドアが開いている状態でした(苦笑)

長時間の立ち仕事からくる筋肉痛や腰の痛みに加え、夏場の暑さと冬の寒さは身体に堪えました。
 

また、大変だったことといえば、ホームセンターも一応接客業なので、たまにお客様からのクレーム対応をしなければならないことです。

自分が悪くなくても、お店の従業員としてひたすら謝らなければならないというようなことが精神的にきつかったです。

しかしそれも「仕事だから」と割り切って対応できるようになってからは、特に辛くもなくなりました。

ホームセンターのレジのアルバイトの良かったこと、メリット

ご来店されるほとんどのお客様は良い方なのですが、時たま理不尽な方や非常識な方もいらっしゃいますし、中年の方は気難しい方が多いので、苦労しました。

ただ、そういった方々と日々接する中で、ちょっとしたことではひるまない精神力が養われました。

コミュニケーション能力やクレーム処理能力が鍛えられたように感じます。

また幅広い世代、職業の方々と関わることで商品に関する専門知識もつきましたし、さまざまな世界を知ることができました。

ホームセンターでのアルバイトを通りして仲間ができた

それからもう一つ、同じレジ担当の仲間やお店の社員さんたちとも良好な関係を築くことができました。

本当に信頼できる仲間ができたというのが、このアルバイトをしてよかったと思える点です。
 

休憩中など雑談したり、仕事終わりに皆でごはんに行ったり、プライベートで遊びに行ったり、忘年会や新年会でどんちゃん騒ぎをしたり。

まるで家族のように仲良く過ごす事ができ、当時上京したてで一人暮らしをしていた私にとって彼らはかけがえのない仲間で心のよりどころでした。

アルバイト先で出会ったみんなのおかげで、毎日さみしい思いもしなくて済みましたし、仕事以外でもとても充実した毎日を送れました。
 

たかがレジのアルバイトですが、そこから得られるものは想像以上です。

仕事の技術的なことや知識だけではなく、今後生きていく上で重要な人間関係を良くするノウハウ。

今後も自分にとって大切な存在となる多くの仲間を得られるということを考えても、このアルバイトをやっていてよかったなと思います。

現在は就職して全く別の業界で働いていますが、当時ホームセンターのアルバイトで出会ったレジ仲間や社員さんとは、今でも連絡を取り合っていますしいまでも心の支えになってくれています。

また、アルバイトを通して経験したことは就職するにあたってもとても役立ちました。

違う業界であれど応用できる技術はたくさんあるのでいまでもあの当時の経験が活かせていると感じています。

アルバイトは楽しいことばかりではありませんが、アルバイトのうちに辛い経験や大変な経験を積んでおけば、社会人になってから楽です。

人生をより良いものにするためにもやっておいて損はないと思います。