ガソリンスタンドのアルバイト

ガソリンスタンドで2年ほどアルバイトをしました。

大好きな車にも携われるので楽しい事もありましたが、反対に気を使う事も多く、思った以上に神経を使う仕事でした。

ガソリンスタンドのアルバイトの仕事内容

仕事内容の内訳としましてはガソリンの給油が主な仕事で、利用していただくお客様にスムーズ店舗内に招き入れることから始まります。

ガソリンを入れるに至って給油口が車種別に付いている位置が異なるので、右か左かを瞬時に見極め、的確に給油場まで案内する事から始まります。

初めてのうちはこれが中々難しく、先輩に付いてもらいながら、右出しなので左に案内しなさいと指導を受けながら誘導する事になります。

窓を拭く仕事

続いてサービスで窓を拭くのですが、これも特に神経を使います。

必ず一度使った物は使用済みのボックスに入れ、常に洗浄済みの物を使うようにしないと逆にウィンドウを汚してしまう事になり、お客様に不快な思いをさせてしまうことがあるので要注意です。

洗車機のチェック

また、給油以外にも利用される方もいらっしゃいますが、洗車を利用されるお客様も居ます。

洗車機で自動で済む場合は、金具等が飛び出ていないか等を確かめ、ボタンを押して作業が始まるのでこちらの方は比較的に楽でした。

手洗い洗車は気をつかう

ですが、本格適に綺麗にされる場合は簡単ではなく、神経を尖らせた労力が必要になってきます。

傷をつけないように高圧洗浄でボディに付いた埃、汚れを十分に落としてから作業に入ります。

続いて水垢落としをしてボディに付いた垢を落とすのですが、ここで手を抜いてしまうと、後のワックス掛けに影響を及ぼすので気が抜けないです。

下手をしますと水垢を保護して、水垢を輝かせる事になりますので、常に目を光らせた集中力がいると思います。

ワックス掛けも力を入れてはいけないですし、力加減で簡単に傷が付いてしまうので、初心を忘れずに初めから終わりまで同じペースでやらなくてはいけません。

お客様は高額で大切な車を私たちに任せてくれているのですから、こちらも手を抜けません。

いつも気をつけて真心を込めてやっていましたが、お客様の目は厳しく、窓にワックスが付いているので、ふき取ってくれとクレームを受ける事もありますので、常に気を使っています。

ガソリンや灯油の販売

あとの業務内容としては、ガソリンの他に灯油も扱っていますので、こちらの販売の対応もしなければなりません。

店舗に訪れて購入をして行かれる方も多いのですが、中には店舗に電話連絡をされて来て、家の方まで届けてくれと言う事も多いです。

時間を指定されることが多いので、約束の時間までに届けないと信用を失ってしまうので、こちらも時間厳守の厳しさがありました。

車検場に車両を届ける

また、車検の方も行っていましたので整備をした後に車検場まで検査車両を届ける仕事もあります。

検査を受ける為に、お客様の車を持って行くのですが、憧れの車でかっこいい車でも、お客様の車です。

楽しんでいる余裕は無く、事故を起こしてもいけませんし傷を付けてはいけないので、とても気を使います。

ガソリンスタンドの仕事は手が荒れる

あと、嫌な事ですが、どうしても避けられない事態が一つだけあります。

それは手荒れです。

ガソリンという揮発性の高い燃料を使う仕事ですので気をつけていても、どうしても手に付着をしてしまい手が荒れてしまうのです。

付いた直後は手を洗う事で、まだ避けることができるのですが、長年ガソリンと携わっていますと、手の内部に浸透をします。

見るも無残なカチカチの皮膚になってしまいます。

初めは凄く嫌で人前に出るときはなるべく見せないようにしていましたが、こちらとしては埃を持って仕事をしているので、最後の方は堂々と見せれるようになりました。

つらいこともあったが、振り返ってみると、やって良かったと思う

仕事はつらい事もありましたが、お客様に、綺麗になったよ、ありがとう、と言われる褒め言葉がとてもうれしくて、貢献をしている充実感もありましたし、やってよかったと思いました。