building_cinema

私がアルバイトした映画館では、主に受付でチケットの販売や飲食販売を行いました。

料金の計算や指定席のご案内、飲食販売の会計を行います。

平日や土日祝で値段が違う他に、サービスデーや大人子供料金で多種多様なので、値段はまず覚えないと仕事になりません。

人気映画などは、すぐにチケット販売で行列ができてしまうので、次から次へとお客様を捌かないとまずいです。
 

また、受付ではチケットの販売だけではなく、上映時間のご案内や、電話でのお客様対応が求められました。

お客様が何をお求めなのか、すぐに対応するコミュニケーションが必要です。

映画館の清掃も仕事内容の1つ

映画館の清掃も、我々アルバイトが行います。

私が勤めた映画館では、朝と夜に早番と遅番が清掃をしました。

特に朝はお客様を迎える前ですので、より入念な清掃が必要です。

座席の靴の跡やごみの後始末など徹底的に行います。
 

意外と細かいのはお手洗いです。

人間的にも一番汚いと思う所はお手洗いなので、ここを一番にキレイにするように求められました。

チケット切り

受付と清掃の経験を積み重ねると、次にチケット切りを行います。

これはお客様がちゃんとチケットを持っているか、時間が合っているかを確認する重要な仕事で、時にはお客様をご不快にさせないようになだめる責任感ある仕事です。

中には前売り券を買っていて、時間が間違っているお客様がいるので、そこは丁寧に説明してお待ち頂かないといけません。

シアターへの誘導

チケット売りはシアターへの誘導も行います。

こちらは大したことありませんが、お客様が違うシアターへ行ってしまい、迷うことのないようにします。

映画グッズの販売

映画館のファングッズの販売も行います。

映画館にはポスターやキーホルダー、ぬいぐるみ等があると思いますが、その販売です。

私の映画館では、名探偵コナンやポケモンなどのアニメグッズが人気でした。

こちらも受付と同じく行列が並びやすいので、お客様を速く捌かないといけません。

これら全てを行えるようになると、アルバイトの中でも最上級と呼べるようになり、時給が一番高くなりました。

時給が一番高い人は、シアターで実際に放映する上映機器のチェック、上映の準備、上映中のメンテナンスなどを行います。

これは最も責任ある仕事で、お客様が映画にお楽しみになっている中、なんらかのトラブルにより上映が中断しないようにする、映画館最高の仕事です。

これを失敗すると沢山のお客様のクレームがきますので、神経を使います。

仕事内容はだいたいこんな所です。

映画館のアルバイトの辛かったこと、大変だったこと

映画館には繁忙期があります。

夏休みや冬休み、春休みやゴールデンウィークなど、長期休暇がある時期はとても混雑します。

ひどい時にはフロアがお客様だらけになります。

この状態で受付に来られると何十人の行列ができますので、臨時受付を用意したりします。

特に家族連れで来るアニメ映画はとても人気で、人数も多いです。
 

我々にも多少の繁忙期手当は出ましたが、正直やってられませんでした。

逆に平日の昼間はお客様がとても少なく、暇を持て余したりします。

繁忙期以上に辛いのは、意味不明なクレームをつけて怒るお客様です。

いわゆるモンスター客なのですが、笑顔がひどい、言葉遣いや姿勢がなっていないなど、業務上差支えない範囲で行っているにも関わらず、叱責されたこともあります。

映画館アルバイトで正直一番きつい所ですが、接客業ならどこでもあるのかもしれません。

映画館のアルバイトのやって良かったと思うこと

苦情を出されるような仕事には、大して臆さないようになりました(笑)

映画館の時の経験が生かされています。

また、アルバイト中は最新映画のチェックを誰よりも早くできたので、仕事上の得もありました。