callcenter

私がやってよかったアルバイトの一つにサポートセンターのアルバイトがあります。

そのアルバイトの体験談を少し紹介したいと思います。

サポートセンターのアルバイトの仕事内容

まず、どの様なサポートセンターかという事と仕事内容についてです。

私がやっていたのはとあるエアコン等のサポート業務です。

朝9時~夜6時までのサポート受付となっており、その間に受けた内容により、取次ぎや処理をすると言った仕事でした。

専門的な内容は専門スタッフへ

あまりにも専門的な事を話される場合は、専門のスタッフへの取次ぎ。

処理については、パソコンの画面にデータを入力する等といった事です。

仕事の量自体はあまり多くはなく、1日50件程度、多いときで80件程度電話での応対をしていました。

サポートセンターのアルバイトの大変だったこと

しかし、幾つか大変だった事も有りました。

電話業務にはついて回ることですが、お客によっては横暴だったり、非常に偏屈な人間がいることです。

こちらからの話す事は無視して、自分の話したい事だけを話し出す人。

電話をしている先がサポートセンターにも関わらず、商品の値引きをする人。

色々な人がおりましたが、話せる人8:話せない人2程度の比率で応対があったと記憶しています。

人によっては、耳に支障が出る場合がある事も大変だったと思った事の一つです。

私自身は経験がありませんでしたが、耳が遠くなるといった症状が見られる人もいました。

耳が聞こえないと言った事から、耳の痛みが原因で辞めていく人も多くいました。

そして、基本的に離席を記録されると言った事も大変だった点の一つです。

トイレの離席が記録されており、回数が増えると上司から注意をされる事もわずらわしかったです。

メリットも多く

上記で大変だった点も書きましたが、非常にやって良かった点も多々有った仕事でもありました。

幾つか挙げてみますね。

給料が抜群に良い

これは外せない点の一つです。

約ですが、他のアルバイトなどと比べて1.5~2倍程度の時給が見込める点は素晴らしいです。

人間関係が煩わしくない

忙しい事が前提の仕事なので、人間関係が希薄です。

その為、人間関係に悩む事はありませんでした。

研修制度が充実している

私が入った会社では、研修制度が良く出来ており、覚える事などが確定している点は、煩わしいOJTなどに振り回されなくてよく、素晴らしいと感じました。

正しい言葉遣いが身につく点も良いと思います。

普通に応対していると気がつかない敬語の間違いなども指摘してくれます。

休みが取りやすい、業務時間の融通が効きやすい

前者は、会社によるかと思いますが、サポートセンターを業務にしている会社では、人材を多く抱えている事が一般的です。

その為、休み等の申請が非常に通りやすいです。

それに加え、長い休みが申請しやすい点も良いポイントの一つです。

後者も大量採用している事が前提となりますが、業務時間の融通が大変効きやすいです。

私は16:00~18:00という変則であり、短時間の業務時間を指定した事もあります。

それでも納得してもらえるのは大量採用している強みだと感じました。

電話対応が一通り出来るようになる

これが一番メリットとしては大きいかもしれません。

確かに理不尽な電話応対などをしなくてはならない可能性があります。

しかし、サポートセンターの様な電話応対をすると、普通の電話応対なんてなんてことなく感じるはずです。

社会経験が乏しい学生である方は、一度経験されると良い社会勉強となるはずです。

サポートセンターの仕事は、やってよかったアルバイトだった

以上を踏まえてやってよかった思えるアルバイトの一つと感じました。

確かに大変だった経験もあります。

お客は基本的に商品の苦情を言いたいので、精神がイライラしている様な人間と応対しなければなりません。

変な電話に応対しなければならないことも多々有ります。

しかし、給料が抜群に良く、社会経験が出来る貴重な職場だと私は思います。

ストレスを受け流す事が最重要ですが、それさえ出来てしまえば素晴らしい職場です。