コールセンターのアルバイト

やってよかったアルバイトとして紹介したいのがコールセンターのお仕事です。

コールセンターの仕事というのは、言葉の通り電話でのお仕事で、大別すると受信業務発信業務があります。

私がアルバイトをしたのは受信業務の方です。

コールセンターのアルバイトの仕事内容

某エアコンメーカーの修理受付のお仕事を、繁忙期に短期のお仕事として募集してあったので応募しました。

お仕事の期間は夏の2ヶ月程で、お客さんからかかってきた電話を受けて、修理に伺う日にちを調節するといったお仕事です。

おおまかにどのような状況でエアコンが使用できない状況なのか、水漏れとか異音などがないかを聞いて、修理を希望する日程や時間帯を聞き、その情報をパソコン画面から入力していく作業です。

お客様との日程調整

細かい時間の調整などは社員さんが行ってくれます。

私の仕事は、おおまかなことを聞いて、予約が立て込んでいるので即日対応は出来ない旨と、作業に伺える日にちが○日以降になることを伝えて理解してもらうことです。

夏場にエアコンが壊れると当然今から来て欲しいなんて無茶をいう人が結構いるんですよね。

ですが、作業できる人は限られているので、夏場ともなると数日待ってもらうことになります。

その事を伝えて「早く来て欲しい」というのをなだめるのが結構大変でした。

もちろん、その為に高い時給を貰っているのですから、しっかりお客さんの文句を聞いて○日以降の修理で納得してもらえるように言葉を尽くしました。

基本的に修理受付の電話ですので、夏にエアコンが壊れればお客さんだって多少はイライラしているし、尚且つ即日対応が出来ないとなればそれがヒートアップします。

場合によっては、30分以上1人の相手に対して、本日は修理に伺えない旨を説明し続ける羽目になります。

時給が高いので稼げる

ですが時給は1200円で1日8時間勤務、土日も出勤でシフト制で2ヶ月なので、かなり稼ぐことが出来ました。

2時間程残業となる日もあって、その場合は当然25%時給は割り増しです。

長期間やるならそれなりに覚えることもある

また、コールセンターの仕事って基本的に時給が高いものが多く、1000円以上というのが相場ですが、長期の仕事の場合は分厚いマニュアルがあって覚えることが多いんです。

特に一般窓口の電話だと、何を聞かれるか分からないので対応も難しいと言えます。

短期の仕事なら専門知識は必要なかった

ですが、修理受付の短期の仕事に関しては、お客さんの目的は分かっている分対応もしやすく、専門知識も必用ありません。

それで時給もいいのですから、私がいろいろアルバイトをした中でもコールセンターの仕事は、やって良かった仕事だということが出来ます。

デスクワークなので夏でも快適

何しろ空調の効いた室内でのデスクワークなので、体力が削られることもありませんし、夏でも涼しく快適でした。

また電話でずっと声を出し続ける仕事だからと、2時間に1度10分の休憩を入れることが出来るんです。

勿論お昼休憩などは別に1時間しっかりとれますし、この10分の休憩は有給での休憩だから非常に嬉しかったですね。

だから残業して10時間勤務になってもさほど疲労は感じませんでしたし、短期の仕事ならこのくらいガッツリ働けて稼げるモノが魅力的だと言えます。

全然電話がかかってこない曜日や時間帯も

また曜日や時間帯によってはぽっかり電話がかかってこない日というのも存在し、受信のお仕事は基本的に電話がかかってこない場合は何もすることがありません。

いつでも電話が取れるようにスタンバイしておく必要があるので、持ち場を離れて別の仕事が振られることもないので、心置きなく暇を満喫することが出来ました。

それに電話での接客で相手がいてのことなので、時間丁度に終われるといったモノではなく、電話が終了し切りが良くなったら退社するといった感じでした。

タイムカードは10分単位で給料計算してもらえたので、結構10分とか20分とかプラスでつけてもらえました。